喜ばれる出産祝いを贈ろう【贈るときのマナーを伝授】

出産祝いを渡すときの相場やタイミングを知っておこう

喜ばれる出産祝いを贈ろう【贈るときのマナーを伝授】

おもちゃ

出産祝いを贈るタイミング

出産祝いを贈るときには、生後7日~1ヵ月の間に贈るのが一般的です。もし母子の体調が良くなければ、良くなるまで待っても問題ありません。また、地域によっても時期の差がある場合があるので、確認しておくといいでしょう。

熨斗の種類に注意

出産祝いなどのお祝い事では、紅白の蝶結びを選びます。蝶結びは繰り返し結び直すことができるので、何度あっても喜ばしいという意味があります。また、表書きを書くときは、濃い墨を使ってしっかりと書きましょう。

渡すときのマナー

出産祝いを渡すとき、自宅や病院へ訪れる場合は事前に都合や体調を確認し、一方的に訪れるのは止めましょう。また、赤ちゃんに触れる場合は必ず手を清潔にし、喫煙なども避けた方がいいですね。

出産祝いの相場

お祝いを贈るときの相場は、出産した人との関係性によって異なります。親戚なら1~3万円、友人・同僚なら5000~1万円、親友なら1万円程度が相場です。高価すぎると、お返しの際に相手の負担になりかねないので気を付けましょう。

すぐに贈れなかった場合

出産祝いを生後1ヵ月以内に贈れなかった場合は、1歳の誕生日や初節句の時に「誕生祝い」として贈るといいでしょう。遅れてしまってもお祝いの気持ちをしっかり伝えれば問題ありません。

出産祝いで贈られるもの

よだれかけ

出産祝いでは定番のアイテムです。赤ちゃんのうちはよだれやミルクで汚してしまうことが多いので、よだれかけはたくさんあると便利でしょう。サイズを気にする必要があまりないので、贈りやすいですね。

洋服

赤ちゃんは成長が早いため、サイズ選びに注意する必要はありますが、選ぶのがとても楽しいアイテムです。渡すタイミングがなかなかない場合は、大きめのサイズを購入しておくといいでしょう。

カタログギフト

カタログギフトの場合は、もらった側が好きな商品を選ぶことができるので、自由に好きなものを選んでほしいという場合は最適です。サイズや季節を気にする必要がないので、気軽に贈りやすいでしょう。

オムツなどの消耗品

オムツやおしりふきなどの消耗品は、毎日多くの量を消費するためお金がかかります。そのため、出産祝いで贈ってあげると喜ぶ人が多く、出産祝いの定番アイテムとなっています。

写真立て

生まれてきた赤ちゃんの写真をいつでも飾れるように、写真立てを贈る人も多いです。写真を数枚飾れるものもあるので、写真をたくさん撮る夫婦に贈るにはおすすめのアイテムです。

広告募集中