チャイルドシートで安全を守る【選ぶときには注意しよう】

子供の安全のために!チャイルドシートは適応年齢に注目

チャイルドシートで安全を守る【選ぶときには注意しよう】

赤ちゃん

法律で設置が定められている

日本では、道路交通法という法律が定められていて、6歳未満の子供を車に乗せる際は、チャイルドシートを使わなくてはいけません。子供の安全のためには必ず必要なものですが、安いものではないので出産祝いでプレゼントする人もいます。

チャイルドシートの購入方法

チャイルドシートは赤ちゃん用品を取り扱っているお店で購入できるほか、通販で購入することもできます。通販では、実際に目で見て確かめることができないので、商品説明をよく読んで選びましょう。

選ぶときの注意点TOP5

no.1

適応年齢

チャイルドシートにはいくつか種類が分けられていて、それぞれ適している年齢が異なります。適応年齢以外の子供を乗せると、安全性が保障されないので、適応年齢は特に注意しましょう。

no.2

適応車種

自動車は車種によって金具の取り付け位置や、座席の広さが微妙に異なります。そのため、適応車種じゃない場合はせっかく購入したものが使えずに終わってしまうので、適応年齢に次いで確認しておきたいポイントです。

no.3

安全基準

2012年から、国土交通省の安全基準に適しているものには認定マークがついています。このマークがついていないものは安全基準を満たしていない可能性があるので、購入は避けた方がいいでしょう。

no.4

設置しやすいか

正しい設置ができずに、間違った状態のまま子供を乗せた場合、死亡・重症率が約5.4倍になるという実験データがあります。確実に正しく設置するためにも、設置しやすいものを選びましょう。

no.5

重すぎないか

チャイルドシートを清潔に保つためには、定期的に手入れを行わなくてはいけません。あまりに重いものだと、積み下ろしが大変なため、だんだんと手入れを怠ってしまう可能性があります。扱いやすい重さのものを選ぶといいですね。

子供の安全を守るためにも設置を忘れずに

小さな子供の安全を守れるのは大人しかいません。大切な子供を守るために面倒くさがらずに必ずチャイルドシートを設置しましょう。設置する時に間違った方法にならないように、慎重に取り付けるといいですね。

広告募集中